やっぱり保険も必要だなと思う

最近、ちょっといろんな出来事があって、健康、老後について考えています。

私の前に考えたライフプランは健康に定年を迎えてのものだけで、それ以外ということは全く考えていませんでした。

けれど、近くの人で入院したり、病気と診断されたり、遠い知り合いなのですが亡くなった方もいて、健康に定年を迎えて老後を迎えるということは当たり前じゃないんだなとヒシヒシ感じています。

今のところ、元気に会社に行ってる主人ですが、気になる数値があると最近、お医者さんに言われました。まだ心配するほどではないそうです(^^)

子供が産まれた時に色んな保険に加入しておいて、良かったと思いました。

それまでほぼ何の保険にも入っていなかった主人と私は、毎月万単位の保険に入る必要ってあるのかなと悩みながら加入しました。

もし病気と診断されたら入れない保険もありますし、あの時に入っていて本当に良かったと思います。

保険に入っているおかげで、もし主人が休職しないといけなくなっても大丈夫とお金の心配はしなくてすみます。体の方は心配ですけどね(^_^;)

ちょうど知り合いの方が保険の営業で、いろいろシュミレーションしてくださって、国の保障でこのぐらいは出るからあとはこれぐらいやねんけど貯金との兼ね合いで保険額は考えたらいいとか、いろいろ親身に考えてくださったんです。

保険の総合案内みたいなところでは、国の保障まで入れて考えてくれませんでしたもんね。
ある程度は国の保障で何とかなるそうです。

考えたくはないですけど、もしも母子家庭になったら医療費も0円、保育料も安くなる、手当ても出るなどがあるそうです。
それだけでは生活するのは無理があるそうですが、実家など頼れるところがあるとさらに保険額を少なくしておいても大丈夫と言われました。

もし病気になったとしても、医療費控除や高額医療で医療費の負担は少なくてすみます。

けれど、うちのように主人しか働いていないとなると、生活費が問題です。
こちらも健康保険からの休職手当て?などが出るようですが、それだけでは家族4人というのは無理なようです。なので、収入保障保険にも加入しています。

その分、貯金していれば問題ないと思うのですが、いつ病気になるか分かりませんからやっぱり心配で。
病気になるのが定年前なら貯金も安心なほど貯まっているかもしれませんが、もし今すぐ倒れられると不安な貯金額です。

私も職探し、頑張らないといけませんね。

2本柱とまではいかなくても、1.3柱ぐらいでだいぶ違うと思います。

こんなときに思うのは、病気になっても変わりなく貰える配当ってやっぱり魅力的ということf(^_^;
ちょっと株病気味ですね。

年に貰える配当をもうちょっと増やしていきたいなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする