配当金を計算、1%の違いを感じる。

ずっと優待株を重んじて投資してきていたので、私の配当金は2%いかないほどしかありません(-“-;A

高配当株は4%あるので、保有株はそれの半分もいっていないということに。

『いいんだ、いいんだ、配当が少なくても優待が貰えれば』と思って投資していましたが、将来、貰える配当金を計算してみました。

主人が定年まであと22年あるので、その間、投資を続けたとして、私の資本金で22年を計算すると3%と2%では貰える配当金が270万円も違うことにΣ(・ω・ノ)ノ!w

雪だるま式なのでこの金額は大きいと痛感しました。

外食優待は廃止されることは少ないのでそのまま保有し、クオカード優待は利確できるものは利確していこうと思います(`・ω・´)9

でも、やっぱり旅行やたまのお出掛けで気兼ねなくコンビニ行けるクオカードは魅力的、と心惹かれる気持ちも・・・。

高配当株を買ってその配当でクオカード買えば?と思われそうですが、配当金は再投資しているので、すぐに手にできる優待品は現実的なんですよね。うーん、悩む(-“-)

4%の高配当株ばかりを買うことは難しそうなので、3%を目指したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする