FXで損をした私だから、株は現物取引のみ。

現在は株主優待やIPOメインで取引していますが、以前はFXをしていたことがあります。

少ない額での取引だったので、少しづつですが利益を積み重ねていました。

それがね・・・、なんとたった1日で100万円近いロスカットにあったのです。

FXって何?

FXとは外国為替証拠金取引のことです。

1ドル100円の時にドルを買って、1ドル120円になって売ると、20円の利益になります。

レバレッジ

FXにはレバレッジというのがあり、口座内にあるお金と同等金額以上の取引ができていしまいます。

例えば1ドル=120円の時に、銀行で1万ドルを外貨預金する場合は口座に120万円の資金が必要になります。
FXでは25倍のレバレッジをきかせると、約48,000円で1万ドル相当の取引をおこなうことができます。

もし利益が出れば大きな利益になりますが、損が出ると口座内にあるお金ほとんどを失ってしまうことになります。

1万ドル購入していると、1円あがると1万円の利益、1円下がると1万円のマイナスです。

私はどうして失敗したのか?

レバレッジをきかせすぎると怖いと分かっていたので、口座維持率が400%ほどを下回らないように取引していました。

ですが、たった1日で為替が数十円値動きするような日が起こります。

最近だとイギリスのEU離脱が記憶に新しいですね。
過去にもサブプライムローン問題や、リーマンショックなどで30円近く円高が進みました。

イギリスのEU離脱なんてないだろうと思われていましたから、あの日は損をした方、多いんじゃないでしょうか。

それまで積み重ねた利益が吹っ飛ぶ

そんなに無理な取引はしていないし大丈夫だろう

そう思っていましたが、あっという間に積み重ねた利益は吹っ飛びました。
それどころか、元金も吹っ飛びました。

FXにはロスカットという、口座にあるお金以上に損をしないように、自動で決済されるシステムがあります。
それのおかげで、口座内に10万円ほどは残りました。

100万円を元手にはじめ、毎年20万円ほど利益がありました。
利益分は毎年、出金していたので、損失は65万円ほどでした。

FXから手を引く

安全に取引しているつもりだったFX。

レバレッジがあるとどうしてもレバレッジをきかせた取引をしてしまうので、FXはやめました。

100万円を元手に1万ドルを購入し、レバレッジ1倍で取引し、外貨預金のように取引できる人ならFXで私のように損をすることはないと思います。

ですが、私はうまく取引できる人ではありませんでした。

1日で100万円とんでいってしまった日には、またFXで取り返したいとちょっとギャンブラー気質なことを思ってしまいました。
あぁ~、ダメだ。こんなこと思ってる時点で、たぶんまた失敗すると気付き、FXはやっていません。

FXで取り戻したい=またレバレッジをきかせて取引し利益を大きくしたいと思う
わけですからね・・・。

株ではこの経験を生かして

株でも信用取引といって、持っているお金以上の取引も出来ます。

ですが、FXのレバレッジで失敗した私は現物取引しかしていません。

現物取引をしていればFXのようにロスカットされることもありませんし、いくら含み損があっても決済しない限りは含み損です。
レバレッジがきいていないおかげで、株の含み損は心に余裕をもって見ていれます。

会社が倒産してしまえば紙切れになってしまいますが、今のところはその経験はありません。
含み損銘柄も気長に持つことにしています。

信用取引をうまく利用して、株主優待をうまく取れたらな~と思うこともありますが。
きっと私はうまく取引できないと思うので、信用取引について調べたりはしていません。

まとめ

痛い勉強代になりましたが、それを生かして株取引では優待メインで気長に取引できているので、まぁ良かったと思い込むようにしています。本当はあのお金があれば買いたい株がまだあるのに、とたまに思ったりもします(-“-;A
FXにしても株にしても得することばかりではありません。損することも絶対あります。そういったこともふまえた上で、上手に投資できるようになりたいなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする